転職のタイミングはいつが良い?

一般的には、3~4月・9~10月に求人が増える傾向にあります。この時期は下半期と上半期の切り替わりなので、人事異動があったり新規事業が開始したりするからです。中途採用で大量募集する企業もありますので、求人情報をチェックしておきましょう。

ただ、業界によって、採用ニーズが高まる時期は異なります。なので、業界の繁忙期と閑散期を把握して、どの時期に求人が増えるのかを予測してみましょう。その時期を狙うことで、転職に成功しやすくなると思います。

短期間で会社を辞めた人だと、十分なスキルを持っていないとみなされます。中途採用では即戦力が求められるので、転職先に貢献できるスキルを持っていないと厳しいです。

また、年齢を基準として、転職を考えることも良いでしょう。24歳、29歳、34歳などは、転職の区切りの年だと言われていますので、この時期に合わせて転職をすれば、今後のキャリアを作ることができます。

特に、20代のうちに自分の方向性を明確にすることは大切なので、興味のある業界があれば転職をするのをおススメします。30代以降に専門スキルを高めていくことで、市場価値を高めていけるでしょう。

仕事を辞めてから転職活動をするなら、当面の生活費を用意しておく必要があります。予想以上に、内定までに時間が掛かることがあるので、最低でも3か月分の生活費を持っておくようにしてください。3か月後に、失業保険の給付を受けることができます。

転職を決意しても、その日から活動できるわけではありません。しっかりと準備を行わないと、失敗する可能性が高いので気を付けてください。

転職を希望する業界が決まっているなら、その業界についてのリサーチが必要です。求人の数や応募条件、採用基準などを知る必要があります。

事前の準備として、情報収集を忘れないようにしましょう。