転職にかかる期間はどれくらい?最短で転職を終わらせるための準備について。

一般的な転職期間は3~6ヶ月くらい

若い年代ほど短期間で転職を完了させる傾向が強く、20代の場合、4人に1人が1ヶ月半くらいで転職先が決まってます。
30代だと3ヶ月程度が最も多く、1ヶ月半から半年程度です。

40代以降になってくると、半年程度の割合が増えているので、短期間で転職が難しくなると言えます。

目標としては3ヶ月、遅くても6ヶ月程度で考えておくと良いでしょう。

半年以上たっても内定がもらえないなら、何かが間違っている可能性がありますので、計画を立て直すようにしてください。

  • 定時退社や有給取得などができるなら在職中
  • 忙しい場合、退職してから

基本、在職中に転職活動をするのがベストです。仕事をしながらだと給料をもらえるので、安心です。

退職してからの場合、希望条件に合う求人をゆっくり探すことができますので、納得いくまで転職活動を進められるというメリットがあります。

在職中の転職活動の場合、期間は6ヶ月くらいを目安に進めると良いでしょう。

また、ある程度の貯金を用意してから退職することをおススメします。

失業保険の給付が3ヶ月後から支給されますので、最低でもそれまでの生活費は貯めておく必要があるでしょう。

一般的な転職活動の期間は3~6ヶ月くらいとなっています。こちらは、企業に応募してから入社が決まるまでの期間になります。

ちゃんと準備ができていないと、思うように活動が進まずに期間が延びてしまう原因になってしまうので、準備期間ですべてが決まるといっても過言ではありません。