求人情報が多い時期とは?転職がしやすい時期とは?

転職サイトや求人誌を見ていると、時期によって掲載されている会社が異なります。大手の企業なら中途採用を年中募集していることもありますが、中小企業などであれば年に数回しか募集していないことが多いです。

時期によっては、求人が多かったり少なかったりすることがあります。求人を募集する時期はどの企業でも似ているので、多い時期と少ない時期が出てきます。なので、その様な時期を知っていることで、転職を有利に進めることができるでしょう。

日本の企業は、3月決算としている所が多いです。外資系企業は、12月決算が多いです。一般的に、決算の前後になると、来季の採用計画について企業内で検討がされます。そして、新しい人材が必要な部署や人数などを整理して、求人の準備に入ります。

なので、決算の前後にあたる2~3月や9~10月に募集が多くなる傾向にあります。この時期は、年度切り替えに伴う退職者の補充や新規事業のスタートで、大量採用をすることが多いです。

しかし、この時期の求人数は多いですが、求職者もかなり多いですので、転職に適していない時期である場合がありますので注意しましょう。

おすすめのが、7月か8月を狙うということです。この時期だと上半期の途中なので求人数が少ないですが、それだけ求職者も少ない時期となります。

スキルが低くても人物で評価してもらえるので、未経験の業種であっても内定率が高くなります。