在職中の転職によるメリットとは?

転職をする上でブランク期間があると、かなりのマイナスになります。

今現在も仕事をしているのであれば、活躍が期待できるので歓迎してくれる企業が多いです。なので、同業種への転職を考えている場合は、働きながら転職活動をした方が有利です。

同じ職種を現在もやっているのなら、自己アピールも伝わりやすくなるでしょう。

在職中の転職のメリットは、生活資金に困ることがないということです。会社を辞めてしまうと給料が入らないので、自分の貯金を切り崩していくことになります。なので、焦りが生じて、第一志望でなくても妥協してしまうことがあるわけです。

しかし、仕事をしながらであれば、収入が途絶えることはありません。余裕をもって転職活動を行うことができるので、自分が納得できるまで求人を探すことができます。

会社を辞めて失業期間があると、その間に保険や年金の切り替え手続きをしなくてはいけません。健康保険は社会保険から国民健康保険へ、年金は厚生年金から国民年金への切り替えが必要です。

また、住民税と所得税の納付も行わなくてはいけません。これらをすべて自分でやる必要があるので、かなりの手間がかかります。

しかし、転職先を決めてから退職することができれば、それらの手続きはすべて次の会社が行ってくれます。面倒な手間を省くことができます。